このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年中途入社

盛田淑子

ケアマネージャー/スギコーケアセンター荻窪
登録ヘルパーとして他施設で働いていたが、腰痛の悪化により退職。
スギコーへは事務として入社後、ヘルパーへ転向。
その際介護福祉士を取得し、サービス提供責任者を経験後ケアマネージャーの道へ。
ケアマネージャー/スギコーケアセンター荻窪/盛田淑子

一度は諦めたヘルパー

他の施設でヘルパーとして働いていたんですけど、
腰痛が酷くなってしまって、スギコーへは事務として入ったんです。

でも他の方がヘルパーとして働いているのを見たら、羨ましくなってしまって。
私もヘルパーやりたい!! と思って社長に相談しました(笑)

そうしたら、
「現場に戻るなら、介護福祉士の資格を取ったら?」と勉強させて頂けることに。
介護福祉士を取ってサービス提供責任者になり、今はケアマネージャーの資格も取得しました。

前職の時はサービス提供責任者なんて人がフォローしてくれることがなかったので、
スギコーに入ってびっくりしました!
スギコーでは、サービス提供責任者という人がヘルパーさんのサポートをしていて、
働きやすさを実感しました。
ケアマネの資格が生きているのを感じます

ケアマネの資格が生きているのを感じます

ケアマネージャーって、その人の最後までしっかり向き合う仕事だと思っていて。
利用者さんのことだけじゃなくて、そのご家族のことだったり、制度のことも考えます。

ヘルパーをしていたころは「その人のために」で走っていましたが、
今はそのご家族も含めどんなことができるか、日々考えているんです。
「本当に利用者さんに必要なのか?」を考えることが出来るようになったので、
自分の成長を感じられるようになりました!(笑)

沢山日々考えながら働いているので、
「盛田さんがいてくれて良かった」と言ってもらえるととても嬉しいですね。

お節介な人にはぴったりな仕事です(笑)

私は人に喜んで貰うことが本当に嬉しくて。
だから介護という仕事は天職だなあと思っています。
お節介なんですよね、私(笑)

私みたいにお節介だったり、人と関わることが好きな人には、
介護ってぴったりな仕事だと思いますよ!

特にスギコーは私が介護職に戻りたいと言ったら、
ただ現場に戻すのではなくて資格を取らせてくれたり、
「こうしたい」をすごく応援してくれるんです。

長く働いていくことを考えると、スギコーは本当に良いなと思います。
スギコーで気づいた「働きやすさ」

スギコーで気づいた「働きやすさ」

スギコーを、荻窪を
もっともっと盛り上げていきたいです!!

この会社に来て「働きやすさ」の大切さに気付いたので、
もっと働きやすい会社にしたいんです。

事務の人だけが備品の在庫管理をするんじゃなくて、
なくなりそうだったらみんなで声を掛け合ったり、
そういう小さいことが「働きやすさ」に繋がるかなって。

みんなが働きやすい、一緒に成長していける環境を作れるように
日々みんなで頑張ってるんですよ。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

ケアマネージャーに関連する求人票を見る